有限会社スタジオアドスロゴ
TOPWORKS >制作の流れ

 

制作の流れタイトル

フィールドアスレチックのこころ

フィールドフィールドアスレチック、それは印刷物が完璧な形で納品されるまで、幾多の難関、障害物を通過する競技に例えてひとつひとつをおろそかにするなかれという私どもの気持ちでもあります。
スタジオアドスはよりよい印刷物をより安く、スピーディに提供できるよう時代の先進機能を集約するテクノロジーも大胆に取り入れハード・ソフト両面から迅速確実な生産システムを実現しています。

 
フィールド企画 お客様との綿密な打ち合わせ後、営業と制作室のメンバーによるブレーンストーミングがおこなわれますここでお客様の要望をどのような形で具象化していくかが決定されます。
企画制作室
企画制作室
フィールドデザイン 企画内容をどのように表現していくかがデザインです。構成と文章上のバランス、色彩計画、イラスト、写真表現をどのようにもっていくか?コンピュータや手作業でインパクトのあるデザインを創り出していきます。
ブレーンストーミング
ブレーンストーミング
フィールド写真 ビジュアルを大きく左右する写真。イメージに翼を与える写真から、細密さが要求される製品写真まで各分野にあった熟練したカメラマンがあたります。
専属カメラマン
撮影
フィールド製作 文章や写真を読みやすいように組み上げる作業が版下作業です。コンピュータを使った作業がメインになっていますが手作業ならではの味もまた捨てがたいものがあります。
デザイン制作
MACでデザイン制作中
フィールド製版 版下を印刷上フィルムに撮影し、写真等を組み込んでいく作業です。現在ではコンピュータが進んでおり、デザインスタジオ内部で版下作業と同時に製版も進めます。
コマーシャルスタジオ
コマーシャルスタジオ
フィールド用紙 けっこう見落とされているセクションですがこの用紙選びは重要です。手に取ってみる印刷物にとって、その紙の触感やその紙のインクに対する特性は仕上がりの雰囲気を大きく左右するものです。
フィールド印刷 まさしく印刷物のよしあしを大きく左右する印刷。当社ではお客様に印刷物の特性に合った工場によりわけ、100%完璧な製品をめざします。その為に私達は直後、印刷オペレーターとの打ち合わせや、チェックに時間を惜しみません。
フィールド製本 印刷は大きな紙に何ページかまとめて刷られます。それを折り込み、さまざまな手法の製本がなされて、初めて印刷物が完成します。ほんのわずかな狂いが印刷物のクオリティを台無しにもしてしまう最後の関門です。  
     
 

このページの先頭へ